ピエール=ジョセフ・ルドゥーテ
1759年 ベルギー生まれ/植物画家

銅版画による多色刷り印刷を確立した人物と言われ、彼の作品はすべて手彩色による修正が施されています。
その高い素描と彩色技術の高さから、フランスの宮廷画家として蒐集室の素描画家になりました。
以後、マリーアントワネット、ナポレオン皇妃、ジョセフィーヌなどフランス宮廷に仕えます。
『美花選』『薔薇図譜』など植物画の最高峰を極める版画を残しています。

1900年代よりオークションに版画の原画が登場し人気になり、故スティーブジョブスもコレクターの一人であったのは有名です。
そして世界一のルドゥーテコレクターは奥延哲也氏で、
そのコレクションにより日本でも『薔薇図譜』『美花選』などが出版されています。(コノサーズ・コレクション東京)

2003年をかわきりに14年間で20回の展覧会が開催され、100万人の動員数を誇ります。
そしてその人気は芸術の域を超え、ファッション界にもリスペクトするデザイナーは多く、
ヴィヴィアンウエストウッドはコレクションにボタニカルアートの最高峰と称されるルドゥーテの薔薇を使用しています。
200年の時を越え色あせない、幅広い年代に愛されるアートブランドです。



【MINATOあらかると